樂鴈寺 真宗 視点

1/24
1631人が本棚に入れています
本棚に追加
/283ページ

樂鴈寺 真宗 視点

まずい… 「っ…どうして抱きしめてくれないのですか?」 今にも涙腺が崩壊しそうな悩ましい表情で俺の腕にしがみついて甘えてくる萩。 理性なんてあっという間に吹き飛んで… 「ああ、くそっ」 俺は舌打ちをして自分の鞄から素早く抑制剤を取り出しその針を自分の腕に刺した。 「えっ…なに」 突然俺が自分の腕に自己注射の針を突き刺した事に驚いた萩がついに泣き出した。 今の萩は理性をなくした、つまり幼い子どもと同じだ。 「すまない。驚かせたな。」 そう言って萩の身体をそっと包み込むように抱きしめる。 それと同時に今まで萩に煽られてヒートになりかけていた身体が鎮まっていくのを感じる。だがこの薬はヒートにならないだけで萩の欲情した瞳や熱い吐息を直に感じて平気でいられる俺ではない。錠剤では最早効き目がないだろうから緊急時しか使うなと医者に言われたが今がその緊急時だろう。 萩を慰めるにしても車内で淫らな行為に及ぶわけにはいかないからな。
/283ページ

最初のコメントを投稿しよう!