その男、鬼市なり

現代、京都を生きる酒呑童子の物語

源蔵 治療のため療養中

4時間18分 (154,332文字)
669ページに挿絵をいれましたー

287 758

あらすじ

俺という存在は、この世に生まれてよかったのかどうか。 ガキの頃はこればかりを考えていた。 そう、俺と近所の友達がどこか違う存在であるということを気付いたからだ。 中学へ上がる時に両親は死んだ。

感想・レビュー 2

結婚おめでとう~?
レビュー屋 Y-Fです。 『その男、鬼市なり』読ませていただきました。 黒幕の正体が分からず、出現してきた時には率直にいって驚きました。 華峰院家のNo.1なのに、なかなか出てこないと思っていたら
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る