2 アフメスのお父さんって・・・

1/9
377人が本棚に入れています
本棚に追加
/1188ページ

2 アフメスのお父さんって・・・

テーベの都から南方に遠く離れた地方都市ムウ。 田舎町には不釣り合いな巨大神殿が、異様な光景を醸し出している。 広場の赤い土の上で、二人の少年が組み合っている。 円の中央から動かない。 その周りを50人ほどの少年少女たちが取り囲んで声援を送っていた。 「アフメス!頑張って~今度こそ優勝よ!」 「負けるなよ!ワセト!」 「・・・それっ!」 「わーっ!!・・・もうっ!やられたぁ!!」 投げられた少年は地面を一突きして苦笑いしている。 勝った少年は飛び上がって喜んでいた。 「やった!!とうとう優勝だー!」 「・・・負けたよアフメス。だけど次はオレが絶対勝つからな。覚えとけ」 「ふん。オレだって負けるかよ」 二人は目を合わせ、手を握り合った。 「あぁ~・・・絵になるわぁ・・・」 「ホント」 少女たちから、ため息が漏れる。
/1188ページ

最初のコメントを投稿しよう!