仕事が出来過ぎる彼女

1/29
757人が本棚に入れています
本棚に追加
/225ページ

仕事が出来過ぎる彼女

8月、葉月、夏真っ盛り。 連日のうだるような厳しい暑さの中、肌を刺すような日射しと、蝉の鳴き声が降り注ぐ。 ガソリンスタンド勤務者にとって、非常に厳しい季節がやって来た。 夏休み真っ只中と言う事もあり、郊外のSS(サービスステーション)も、海やキャンプなどのレジャーに出掛ける客で賑わっている。 「いらっしゃいませー!!ただいま、サマーキャンペーン中でーす!!」 店先では若いアルバイトスタッフが、滝のように汗をかきながらも、元気よく笑顔で接客をしている。 「ただいま20リットル以上給油のお客様と、洗車やオイル交換などのご注文を頂いたお客様に、スピードくじを1回ひいていただいておりまーす!!お子様にはお菓子のプレゼントもございまーす!!」 給油作業とサービスに走り回りながら、スタッフたちはスピードくじの入った箱を運転手に笑顔で差し出し、小さな子供たちにお菓子をプレゼントする。
/225ページ

最初のコメントを投稿しよう!