一緒にいたいんだ

10/27
758人が本棚に入れています
本棚に追加
/225ページ
「だってさ…ガキみたいな嫉妬して、ひどい事言って、薫泣かせて…。オレなんかのどこが良くて好きだって言ったんだろって…。」 「どこがって…一言では言い表せないけど…優しいし…私の事、ちゃんとわかってくれるし…一緒にいるとホッとするし…素直で正直だし…全部好きだよ。」 「それがなかなか素直になれなくて、薫を悲しませちゃったんだけどな…。」 志信はバツが悪そうに目をそらした。 「薫さ…アイツとはなんにもないの?」 「アイツって…津村さん?」 「うん…。加賀美にいる間、アイツに何もされなかった?」 薫は少し首をかしげて困った顔をした。 「うーん…結果的には…。」 歯切れの悪い薫の言葉に志信は顔をしかめる。 「結果的には…って、どういう事?」 薫は少し目をそらして口ごもる。 「薫、正直に言って。」
/225ページ

最初のコメントを投稿しよう!