7. 新生活

3/8
1188人が本棚に入れています
本棚に追加
/86ページ
「……これですか」 「おお! そうです、掘り出しましょう! 身体を傷付けてしまうと汁が飛び出てしまいますので、周りの土から崩していって……」 「汁、というのは、毒があったり?」 「いえいえ、美味しいので無駄にしたくないという理由で」  まあ、話している対象が芋虫でなければ分かる心理なので、納得しておく。  俺が掘り出したアマイモムシは、両手で抱える必要があるほどに大きかった。形は、どちらかといえば甲虫の幼虫に近いだろうか。孤児院で土いじりをした時に見たことがあるし、虫は別に苦手ではないとはいえ、流石にこのサイズは気味が悪い……、と言ってしまうのは横で「大きいですね、甘くてとっても美味しそうですね!」と嬉しそうに手を叩いているククに悪いから、ぐっと言葉を呑み込んだ。  ククもすぐに自分の分を掘り当て、俺たちはそれぞれ一匹ずつを抱えて、エメの待つククたちの社へ戻る。  エメと一緒に出迎えてくれたサンは「よう頑張りました」と俺を労ってくれた。ククは「では食事の時間ということで」と、ほくほくと社の中へ入っていった。  俺はエメの目の前にアマイモムシを下ろす。 「食べ方、分かる?」 「かぷっとたべていいの?」 「汁が飛び出るって言ってたけど……」  答えを求めてサンを見やると、それでいいと頷かれる。エメは素直に、アマイモムシにかぶりついた。  勢いよく……汁が……。  俺は思わず無言で後退し、少し離れたところにあった倒木に座り、ゆっくりと、目を閉じた。
/86ページ

最初のコメントを投稿しよう!