第5章 戦国のメリークリスマス

10/27
461人が本棚に入れています
本棚に追加
/539ページ
 部屋に充満する淫靡な空気が信長の愛撫と共に彼を圧倒し、羞恥に耐えられず顔を後ろに振り向ける。  「…あぁ……もう…どうか……」  最早欲情で瞳は潤み、切なげに訴えた。    「お止め下さい。」  と言おうとした瞬間、荒々しく唇を塞がれ、哀願を別の意味に捉えたのか、仰向けに押し倒され脚を高く上げられると露にされた蕾に、猛々しく勃ち上がった雄物を突き挿れられてしまう。    閨事の最中では嫌と言っても良いと言っても『良い』という風に伝わってしまうらしく、未熟な彼は房中での言葉の使い方の難しさを実感しながら、激しい愛撫に唇を噛み締めるのだった。
/539ページ

最初のコメントを投稿しよう!