陽光 弍

2/3
257人が本棚に入れています
本棚に追加
/344ページ
 私はキーボードをパチパチと叩く、慣れた手つきでログインボタンを押した。  私の投稿小説は、まだまだ序盤――でも、そんな始めのさわりから、きちんとコメントを残してくれる親切な人がいるんです。 【なぎさ、可愛いですね】  なんて言われて、ちょっとむずむずしてしまうのは、なぎさは私自身を投影しているからだ。  自分が可愛いって言われたみたいで、むずむずする。  なんて、何を考えているのだ……こんな歳になって恥ずかしい、冷静になって、私! 実際に私が可愛いなんて言われているわけではない、そもそも、可愛いなんて言われる歳ではない。冷静に、なれ……冷静に。
/344ページ

最初のコメントを投稿しよう!