第3章 上司はとりあえずうざい

1/3
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ

第3章 上司はとりあえずうざい

「すごいなぁ安藤は。500万だぞ、500万。やっぱり彼は採用して良かったよな。私の目に狂いはなかったよ」 おれの前で満足そうに話しているのは、伊澤支店長だ。 彼は座り心地のいかにもよさげなイスに深く腰を下ろして、満足そうにその肘掛を叩いている。 「ええ、本当に良かったです」 先ほどの安藤にかかってきた電話は、例の500万の案件が入った連絡だった。 彼と喜びあったのもつかの間、おれはすぐにこの支店長室に呼び出された。 うちの東京の東京営業所は、雑居ビルの3階を貸りきっている。 狭いながらも事務室の他に、会議室、支店長室の3部屋がある。 支店長室のヌシである伊澤支店長は、入社して20年以上のベテランだが、入社したのはバブル崩壊が始まった時期。 つまり、おれ以上に就職困難な時期だった。 誰でも知っているような有名大学を卒業したにも関わらず、中小企業しか選択肢がなかったことは、安藤にも似たような不満を内に抱えていたことだろう。 現在の胸の内はわからないが、少なくとも仕事に対して誇りだとかそういう大層なものを垣間見ることはできない。 というか、それどころではない。 「新人の安藤は頑張って東京支店全体の営業成績を底上げしてくれている。けどなぁ?お前はどうなんだ?向田係長。今月の売り上げ、先月よりかなり落ちてるじゃないか!」 伊澤支店長は、細い面長の顔に浮かぶギョロリとしたでかい目で、おれを睨みつける。 これだ。 伊澤支店長は、どの会社にも一人はいるであろう「ウザイ上司」そのもの。 自分は大して働かない代わりに部下の仕事のチェックだけはまめで、少しのミスも見逃さない。 重箱の隅をつつく、どころではなく、重箱の隙をバズーカでぶっ壊してくるようなタイプだ。
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!