第2章 部下は会社を辞めたがる

6/8
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ
自分の眉がピクッと動くのを感じた。 何を甘ったれたことを言ってるんだ? 仕事に自由を求めているとでも言うのか? しかし怒ったらアウトだ。いかんいかん。 「自由が欲しいってのは、なかなか難しいよなぁ。会社に入るってのは、不自由なのが当たり前だからなぁ」 「だからノマドワーカーになろうと思ってるんです」 「ノマド?ノーパソ一つだけ持って、自分の好きな仕事をするっていう?」 「はい。そういう働き方に最近憧れてて…」 「あー、それと会社の働き方を比べたら、自由さでは勝てんわ」 やっと彼の本音を引っ張り出すことができた。 ノマドとは英語で「遊牧民」という意味だ。 ノートパソコンだけを持って、ITスキルだけで収入を得ていく働き方のことを指す。 形としては、個人事業主となるものがほとんどだ。 会社に縛られずに、好きな仕事だけで食べていくスタイルには、おれも憧れたことはあった。 「でも、どうやって収入得ていくかは決めてんの?何か特別なパソコンスキルでもなければ、ノマドで食ってくのは難しいだろ?」 「それは…退職してから考えます」 安藤は開き直ったかのように言った。 「まさか、考えてないんか?」 「まぁ…多分ブログになるかなとは思ってますけど…それで稼いでる人いっぱいいるんで、大丈夫だと思います。ですので、これを…」 そう言うと、彼はおずおずと退職願をおれに差し出した。
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!