1話 ゲイですが、何か?

1/1
271人が本棚に入れています
本棚に追加
/42ページ

1話 ゲイですが、何か?

佐々原瞬はゲイである。 しかも、ネコ。 いわゆる、抱かれたい側だ。 さして隠してはいないが、自分から差別されにいくつもりはないので、わざわざ言ったりもしない。 きっと上手く隠せているのだろう。 幼稚園からの付き合いである幼馴染みでさえ、未だに気付いていないのだから。 ただ、お仲間にはすぐにバレる。 会って15分、会話して5分で見抜かれた事もある。普段通りにしているつもりでも、分かる人には分かるものだ。 瞬だって、お仲間はピンとくる。 まず男を見る視線が全く違う。そのイヤらしい視線に晒されといるのに、ノーマルの人たちは全く気付かない。 不思議だ―――と、いつも思う。 「先生、できた。」 サッカー部のエースである、西倉晴也がノートを差し出してきた。 「はいはい。」 瞬はにらめっこしていた資料をずらして、西倉のノートを目の前に広げた。ミミズのような字が波打ち、たちまち頭が痛くなる。 司令塔としては天才的になのに、勉強に関してはその頭を停止させてしまっており、毎回テストが赤点ギリギリ。全国でもトップレベルのサッカー選手が、留年するなど笑い話だ。 いや、高校側からすれば、笑える筈ない。 だから、こうして副担任である瞬が、西倉たちの為に勉強を見ているのだ。部活の始まる前に、毎日15分。 ―――なんて、面倒くさい。 「う~ん、半分か。これじゃ、まだ危ない気がするね。」 「そうっすか。」 西倉を初めて見たとき、タイプだな―――と、思った。端整な顔立ちなのに、目付きが悪い所。180オーバーの高い身長に、筋肉のついたしっかりついた体。 もろタイプだった。 でも話してみると、頭の出来が残念過ぎて、すぐに萎えた。生徒だから、萎えて良かった。 すっかり興味をなくした筈だったのに―――、最近、どうも目で追っている自分がいる。 まずいな―――と、思う。 「今日はもういいでしょ。また来週ね。」 「はい。ありがとうございました。」 素直に頭を下げる西倉に、微妙な気持ちになる。 まだ子供なのだ。 顔立ちや体つきはしっかりしているけれど、まだ高校3年生。世の中の事など何も知らず、真っ直ぐにただサッカーが好きな子供だ。 それなのに、 ―――キミに抱かれたいなんて。 こんな邪な目でじっと瞬が見ても、西倉は不思議そうに首を傾げるだけだ。
/42ページ

最初のコメントを投稿しよう!