居候は明智光秀

高校三年の夏、樹海で妙な男に出くわしてしまった。

39 168

歴史・時代 連載中
40分 (23612文字)
歴史が好きなので、いつか歴史を題材にした小説を書きたいと思っていました。よろしくお願いします。

あらすじ

ある夏の夜、友達と青木ヶ原樹海で肝試しをしていると、突然一人の鎧をまとった武者が斬りかかろうとしてきた! 「おぬし、、見慣れぬナリをしておるな!何奴じゃ!」 「お前こそ誰だよ!!!」 出

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/8/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る