突然ですがご近所さんの食料になりました(仮)

3/7
1163人が本棚に入れています
本棚に追加
/205ページ
バシャッと熱いお湯を頭からかぶる 目の前の鏡には見慣れた自分の顔 ブサイクとまではいかない(と思いたい)けれどイケメンというわけでもない どこまでも平凡な自分の顔 腕には小さな赤い痕が2つ、東雲さんがつけたものだ わき腹には長く赤い痕が1つ、謎の人物につけられた傷だ 「…くそっ」 暗闇だったからとはいえ、顔も見ていなければ犯人の特定なんてできはしない 唯一見たものは犯人の服装だが、そんなもの後で燃やすなり、処分するなりしてしまえば証拠は簡単に隠滅できる (結局俺には何もできないのか…) 警察に調べてもらえればとも思うが、傷も治っている今、まともに取り扱ってくれることはないだろう しばらく帰る道を変えることを考えながら思考のどこかは、今日の朝のことを考えていた (東雲さんは吸血鬼…だったんだよな…) 見た目はどう見たって人間だった けれど口を開けた瞬間、一瞬しか見えなかったが、確かに犬歯が異様に長く鋭かった気がする まさか自分の身にこんなファンタジーな展開が起こるなんて誰にも、もちろん自分でも予想できなかっただろう 驚きはしたが不思議と怯えや恐怖というものはなかった たぶん東雲さんがあまりにも『人間らしかった』からだろう 倒れた人の心配をしたり、気を利かせてお茶を入れたり よっぽど人間っぽいと思った 「あーもうだめだ、余計なこと考えないでいこう。」 この際、東雲さんが実は吸血鬼だとかはいったん置いておこう 偶然会ったりしたら気にせず挨拶すればいいだけだ そうすればいいだけなんだ
/205ページ

最初のコメントを投稿しよう!