出会い

1/5
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/28ページ

出会い

 時計の針が三時半をさしていた。  息をひとつ吐いて大きく伸びをする。古いパイプ椅子がぎしりと悲鳴をあげたが無視して背中を預けた。 「はぁ、暇だな……」  適当に食い散らかした廃棄弁当をゴミ箱に放り投げ、顔をあげた。  監視カメラの荒い映像が四つほど並んでいる。すべてコンビニの中を映しているものだ。  夜中のコンビニ勤務は退屈だ。  駅前みたいな繁華街なら事情は変わってくるのだろうが、ここはしけた建売住宅が居並ぶ地区で、夜中に出歩く連中なんていやしない。  ときどきやってくるのは飲み会帰りの酔っ払いか、会社で酷使されて死体のような顔をしたおっさんどもだけである。俺は暇を持て余してはスタッフルームとは名ばかりの狭い部屋で飯を食ったり、雑誌を読んだりして時間をつぶしていた。  深夜のひとり勤務は一般的に嫌がられるらしいが、好き勝手出来るこの空間は大歓迎である。とはいえ、暇なものは暇なのだ。 「募金でもくすねるかな。……おっと」  俺が善意の募金を寂しい財布にいれてしまおうと腰を浮かせかけた時、監視カメラにひとりの女が映った。  カメラからでは顔はよくわからないが、濃紺のワンピースに白いカーディガンを着た女だ。この時間帯に見かける人種ではなかった。 「なかなかいい女じゃねーの?」  椅子に座りなおして、じっくりと女を観察する。白いカーディガンに、柔らかな黒髪が揺れていた。まつ毛が長く、目もぱっちりしていて俺好みだ。いますぐ店頭でお出迎えしたいが、カメラのほうが遠慮なく見ることができる気もする。  カメラなんて女は意識していないだろう。無防備な姿ってのを見るのは悪くなかった。  くだらないことを考えている間に、女は雑誌コーナーを抜けてカップラーメン置き場を曲がり、文房具コーナーで一瞬立ち止まった。
/28ページ

最初のコメントを投稿しよう!