第一話 新しい日々

1/2
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/127ページ

第一話 新しい日々

 いつものように入学式の二日前に帰寮した池崎正人は、荷物を置いてまたすぐに外に出た。明日には新入生の入寮が始まるから作業を手伝わなくてはならない。翌日には入学式の準備もある。行けるのは今日しかない。  賑わっている駅前商店街の奥、昔ながらのアーケード街の更にはずれにその店はある。看板らしい看板はなく扉の脇に取ってつけたようなプレートが張り付いているだけ。商売っ気のないその店に、正人の会いたい人がいるはずで、彼は勢い込んで扉を開ける。 「いらっしゃいませ」  その人の声がして、正人は嬉しくなってカウンターの中を見る。いない。振り向いて観葉植物の向こうを見ると、テーブル席の方で宮前仁や坂野今日子や船岡和美が難しい顔をしてあれやこれやと言い合っている。  何事かと身を乗り出した正人はがくっと脱力してつぶやく。 「何してんすか?」 「おー、池崎。どう思う?」 「どう思うって……」  目の前には、黒革のキャップを被ってマスクを付け、あげくに大きな分厚いレンズの眼鏡をかけた人物。 「顔が見えないです」 「ったりめえだろ、顔隠すためにやってんだから。どうよ、こんなんが街歩いてたら」 「不審人物っすね」 「ああ、もう。馬鹿馬鹿しいよ」  ぐいっとキャップと眼鏡を取って彼女が顔を出す。 「マスクだけじゃダメ?」 「そうですねえ……」  彼女の乱れた髪を撫でつけながら、坂野今日子が困った顔をする。 「美登利さんは目力あるから隠すなら目の方じゃない?」  冷静に和美が言うのにふむふむと宮前が頷く。 「しかし眼鏡で顔隠すってのも目立つもんだぞ」 「じゃあ普通に帽子で。キャスケットのつば広いのとか、目深に被れば目元は結構隠れるもん」 「そうですね」 「あとで買いに行く」  キャップを宮前の頭に戻し、マスクを外して彼女はふうっと息をつく。 「お待たせ、池崎くん。コーヒー飲む?」 「うん」  やっと顔が見えて正人は安堵する。中川美登利は微笑んでコーヒーを淹れてくれた。 「なんかあったの?」 「あったあった、大ありだよ」  県立大に合格したもののメディアの勉強がしたいからと、結局美登利や坂野今日子と同じ大学に通い始めた和美が疲れたように言う。 「女子大だからと甘く見ていました」  憎々し気に今日子は肩を震わせる。 「サークルの勧誘がすごいんだとよ」  カウンター席のいちばん奥で宮前仁が肩をすくめた。俄かに大学生っぽい響きに正人は取り残された気分になってしまう。 「女子大なら安心くらいに思ってたのに衝撃だったね、入学式の帰り道」  女子新入生をターゲットに外部サークルの勧誘学生が校門前で待ち構えているのだそうだ。 「チラシ渡してくるだけじゃなくて、ナンパかって勢いでさらっていこうとするんだよ。そんな中にこんな人が出てってごらんよ」  ちらっと美登利に視線を流して船岡和美はため息を吐く。自分に向かってカップを差し出してくれた彼女を見て正人も切なくなる。 (先輩はきれいだから)  数々の伝説は伊達ではないのである。 「大丈夫だったんすか?」 「池崎くん、誰の心配してるのさ?」 「もちろん、その見知らぬサークルの人の方」 「さすがの正解」  和美に褒められたけどそんなのはあたりまえだ。嫌というほどわかってる。 「我慢はしたよ。あんな公衆の面前で蹴り飛ばしたりしたら傷害事件になっちゃうもん」 「それでどうしたの?」 「ヒールの踵でつま先思い切り踏みつけてやった」  にっこりと美登利は笑う。本人以上にまいった様子で和美がまたため息をつく。 「そんなことが毎日だからさ」 「それで顔隠そうって?」 「そういうこと」 「こんなことなら大人しく西城に行ってれば良かったのかな」  友人に迷惑をかけているのが居たたまれなくなったのか、美登利が弱気なことを言う。 「ばっか、それだと今頃もっと大騒ぎだぞ。千重子ババアはおまえを広告塔にしただろうからな」 「そっか……」  宮前の言葉に美登利は疲れたような、寂しそうな顔をする。 「買物するならもう帰っていいぞ」  いつ来たのか、いつから話を聞いていたのか、いつのまにか志岐琢磨がカウンターの中にいて正人は驚く。どこから出てくるのか本当に不思議だ。 「あ、それならうちら付きあ……」 「船岡さん、お話があるのでまだここにいてください」  和美の脇腹をこっそりつねりながら坂野今日子が言う。 「池崎くん、時間あるなら荷物持ちしてくださいね」 「あ、はい」 「いいのに」 「美登利さん、お疲れのようなので」  あくまでにこやかに今日子は言う。 「まあいいや。行こう、池崎くん。じゃあね」 「さよならっす」  連れ立って出て行く美登利と正人を見送って、宮前はふうと首を撫でる。 「坂野女史、本気であいつらまとめる気なわけ?」 「私はいつでも本気です」 「いやいやいや」  美登利と一ノ瀬誠の両方の幼馴染であり、なおかつ誠の恐ろしさを嫌というほど知っている宮前は首がちりちりして仕方ない。 「皆さんは知らない振りしてればいいのですよ。最後は本人たちの問題なのですから」  厳かにのたまう今日子の両サイドで和美と宮前は重く息を吐き出した。
/127ページ

最初のコメントを投稿しよう!