Episode 40 池崎正人の受難 EX

1/3
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ

Episode 40 池崎正人の受難 EX

 卒業式は独特な緊張感に満ちていた。だが歴代の中でも破天荒を極め、傍若無人の限りを尽くしてきた彼らの事、やはり最後は滅茶苦茶だった。  安西史弘と白石渉がなぜか百メートル競走を始め、池崎正人もそれにつき合わされた。尾上貞敏は武道系の運動部員たちを集め講釈を垂れている。  澤村祐也は最後の演奏をリクエストされ芸術館に移動して行った。一ノ瀬誠や綾小路高次は生徒会や委員会の後輩たちに囲まれて切々とアドバイスを求められていた。  中川美登利は、絶対に泣いてしまうとさんざん予防線を張っていたわりには泣きもせず、延々と写真撮影の求めに応じていた。今までこんなサービスはしたことがなかったから、同級生も後輩たちも満面の笑顔で歓声をあげていた。気に入らない様子の坂野今日子が順番待ちの整理をしながら、くれぐれも肖像権侵害に気を付けるよう念を押していた。  最後には片瀬修一と森村拓己に花束を渡され、その時には少しだけ瞳を潤ませていた。正人は離れた場所から美登利を見ていた。気が付いて目を合わせ、少しだけ微笑んでくれた。それで十分だった。  一週間後。合格発表を確認し、報告にもう一度学校を訪れると、他にも大勢の卒業生が職員室にたむろしていた。その中に綾小路の姿を見付け誠は手を挙げた。 「終わったな」 「ああ」 「高校生活もな」 「そうだな」 「楽しかったよ」  綾小路の言葉に誠は驚く。 「おまえらときたらまったく人を飽きさせない。おかげで退屈しなくて済んだ。面白かったよ」 「そうか」 「中川に話すのは癪だからおまえに言っておく。ありがとう」 「ああ、こちらこそ」 「紗綾が中川になついてるからな。これからも仲良くしてくれ」  本当にびっくりさせられて誠は無言で頷いた。あのコチコチの堅物だった綾小路がここまで話のわかる男になるとは。  人は変わる。心も体も変わっていく。この三年間、まざまざとその変化を思い知らされた。そしてきっとこれから先も変化の加速は止まらない。彼女も、自分も、そしてまわりも。  新生活の準備の合間を縫って約束通りレジャーに出かけた。 「おおー、ほんとにアイランドリゾートだ」   いつもの乗換駅から船で三十分。 「近いのに来たことなかったね。まだまだ知らない場所がたくさんある」 「そりゃあ、まだ人生二十年足らずだからな」 「八十までとして、まだ四分の一でしょ、やだなあ、疲れたなあ」 「死ぬのか、おまえは」 「そんなもったいない」  笑ってつないでいた手を揺らす。今日はずっとこうしている。嬉しいが常にはない行動が不気味だった。  小学校も春休みなのか子どもが多い。賑やかな場所は避けて史跡巡りをした。島を一周しようと海岸沿いの遊歩道を歩く。美登利が急に思いついたように言った。 「今度さ、磯遊びとかしようか。童心に帰って」 「いいよ。去年はおまえだけ夏休み満喫だったからな」 「ああ、そうだ。今年はタケノコ遅いんだって。どうせ春休みには行けないし、だったら五月の連休に泊りで行こうかって」 「手伝う」 「そう? じゃあ次に出かけるのは五月ね」  無邪気に笑って言われて頷いたけど、待てよ、と今の会話を反芻してみる。まさかそれまで自分は放っておかれるのか?  考えを読んだように美登利は誠を見上げる。 「そんな顔しなくても。別に私がいなくたって案外平気……」  ぐいっと肩を掴んだ。美登利は驚いて言葉を止める。 「なにが言いたい?」  心底腹が立った。この女はなにもわかっていない。自分のことなどなにも見ていない。いつも背を向けているから。隠すように、守るように。そんなにその想いが大切なのか。だとしても、 「離れない」  すべてを捧げた。自分を変えて、捻じ曲げて、もう自分がなんなのかもわからない。それを今更、離れようとしたって許せるはずがない。 「絶対に離れない」  彼女の瞳に自分が映っている。きれいな目、その端でいつも違う世界を見ている。気が付かなければ幸せだったろうか。知らないでいることを幸せだと思えただろうか。 (そんなことない)  瞳に涙が光るのを見ながら誠は思う。全部が知りたい。全部が欲しい。たとえそれで傷ついても。 「泣く奴があるか。反則だぞ」 「違う……。そういうわけじゃなくて」  ぽろぽろ涙をこぼしながら、美登利は懸命に話す。 「ほっとして、気が抜けたら、急に涙が……なんでか、わからないけど……」  ぎゅっと眉を寄せて顔をぐしゃぐしゃにする。三年ぶりに見た泣き顔は、あの時とまるで変わらない。  ――一緒に帰ろう。  ――うん。 「馬鹿。我慢するからだ」 「うん……」  タオルを取り出して顔を押さえると、ますます涙が出てきて止まらなくなった。この数か月で一生分の涙を出し尽くしているのじゃないかと自分でも思う。どうかしてしまったのじゃないかと思う。 「ごめんなさい」  本当は、離れようだなんてこれっぽっちも思っていない。なにを手放してもこれだけは離さない。守られた約束なんてひとつもない。こんな自分でもひとつくらい約束を果たしたい。  ――ほんとに結婚する?  ――うん。
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!