はじめてのストーカー

4/4
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
翌日もいつものコンビニで待ち伏せをして、彼の後をつけた。 少しは気づいて欲しいという気持ちが高じたせいで、近づきすぎてしまったらしい。 「なに? なんか用?」 突然立ち止まり、振り向いた彼に怪訝な顔でにらまれた。 「あ、あの、え、えっと、その、、ごめんなさい」 しどろもどろになって、うなだれる。 どうしよう……怒らせてしまったみたい。 「昨日もつけてただろう。ストーカーかよ!」 恐い顔でなじられて、身がすくむ。 気づかれてたなんて……。 気味の悪い女だって思われていたんだ。 あまりに悲しくて思わず泣きそうになる。 「ご、ごめんなさい。もうやめます。本当にごめんなさい!」 ぺこりと頭を下げ、惨めな気持ちで来た道を戻る。 「待てよ、この間、コンビニで小銭を落とした子だろう?」 覚えていてくれたんだ。 少し優しい口調で話しかけられたら、溢れかけていた涙がポロリとこぼれた。 「泣くなよ。別に怒ってるわけじゃないんだ。お、俺、女の子にストーカーされるなんて初めてだから」 ちょっと照れたように彼は笑った。 「明日、また会わないか? いつものコンビニで」
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!