2 23

あらすじ

怪奇小説作家の戸影紫苑は自分と同じく怪奇小説を手がける風見百舌を疎ましく思っていた。何とかして弱みを握ろうと彼に接近する戸影はある日、見るもおぞましい光景を目にしてしまう。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る