重ねる時と

6/21
250人が本棚に入れています
本棚に追加
/21
甘くて柔らかい肌、 ボディソープだろうか、僅かに果実のような香りがして、それも彼女らしくて気持ちが上がる。 「と、とも、やさ……ん!」 ゆっくりと刺激を与える俺に彼女が戸惑いをみせるけれど、「大丈夫だ、葉月」と、落ち着かせるよう、名を呼び、優しく食む。 白くてなめらかな肌はすぐに色付いて、俺をぞくぞくさせる。 きっと他の誰も、この色を知らない。 「んっ……とも……さん……んん」 戸惑いの中に、 彼女から刺激を受け入れるような声が漏れ始める。 それに、葉月の力が抜けていくのを感じて、「そう、楽にすればいい」と、なるべく優しく伝える。 少しでも、気が和らげばと。 「と、共哉さん……私……」 初めての事できっと追い付けていないのだろうと思う。 多分次起こる事に予測が出来ないのだから。 それでも止めてあげられなかったのは彼女が本気で拒まないから。 「大丈夫だ」 力一杯押し返されれば、きっと止めていた。 「葉月いい子だ……」    けれど口付けを受け入れる葉月にそれは見えない。 むしろ、逆に感じられるくらい彼女の表情は色っぽくて、俺を誘っているとしか感じられなくなる。 「ん」 「ほら、いい子だ」 ゆっくりと口付けの範囲を広げていった。
/21

最初のコメントを投稿しよう!