《甲斐 敦義》1

1/8
417人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

《甲斐 敦義》1

『やってくれる?』   道孝はそう言った。そんなの知るかと思って、俺は、 『無理』 と返した。 『敦義にしか頼めないんだ』 『断る』 『そう言うと思ってたけど』 『じゃあ、なんで頼むんだよ』 『分かってるから』 『何が?』 『なんだかんだで結局、敦義はやってくれるってこと』 『やらねーって』   道孝との最後のやり取りはこれだった。 病院のベッドの上、窓からの光を背に姿勢よく座っている道孝は、穏やかな笑顔でイラつく俺を見ていた。話自体の意味不明さもだけれど、そんな悟りを開いたような顔をして淡々と話すさまは、何もかも諦めて何もかも受け入れているようで、一層俺の苛立ちを助長させた。 その3週間後だっただろうか。道孝は死んだ。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!