プロローグ 白い椿の墓場

1/1
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/108ページ

プロローグ 白い椿の墓場

 きっと僕はこのまま死ぬのだろう。  こんなに手足が冷たいのだから。  白い白い雪の上。赤い椿の花が、あたり一面に落ちている。その光景は鮮やかで、怖いくらいに美しく、夢の中にいるようだった。  息をつくたび、わずかに残っていた体の熱がにじみ出ていく。  あとどのくらいここで寝転がっていればいいのだろう。  怖い気持ちはまるでなかった。  母さんは病気で苦しんだけど、あっちの世界に行くときはあっけなかった。眠ったまま逝ってしまって、いつ心の臓が止まったのか気づきもしなかった。やって来た誰かに教えられ、ようやく死んでいるのがわかった。その時まで母さんは、本当は死んでいたのに僕の中では生き続けていた。  生と死は大差なく、その境はあいまいで判りにくい。  意識もせずあたり前に呼吸を続けていても、次の瞬間はわからない。口を開けたまま、二度と息を吸うこともなく、不意にこの世からさらわれていき、自分が死んだことさえ気づかない。死なんてそんなものだ。同じように生きていることも実に希薄で、死んでいると強く言われれば、そうかとうなずいてしまうぐらいの意味しかない。  さっきまであんなに胸が苦しかったのに、もう何も感じない。  ただ冷たくなって、体に力が入らない。  きっと僕は死に始めているのだろう。  自分がいるべき場所にやっと行けるのだとほっともしている。  今見えるのは雪と椿だけ。命を失った真っ赤な花の上に、白い粉雪がひらひらと降りつづけている。まるで死の床に手向けられた花のように。雪はその姿をゆっくりと押し隠し、白い墓場の中に埋めていく。  僕の上にも雪は降り積もる。  綺麗だな・・・。  にじんだ視界は真っ白になり、何もわからなくなった。  全てが閉ざされる瞬間、誰かが僕を抱き寄せた。温かな手のひらの感触。  誰なのか確かめたかったけれど、僕にはもう、そうするすべがなかった。
/108ページ

最初のコメントを投稿しよう!