俺の職場の輝く天使

1/30
968人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

俺の職場の輝く天使

「今度は海の見える席を予約しようと思う。一緒に行かないか」  そんなことを言ってから早二週間。 「っつーか、今日も一人なの? 近藤ちゃん」  時間だけがだらだらと長い会議をハシゴし、心身ともに疲れ切った状態で佐々木の店にやって来る日が続いていた。会社の方向性を決めるのは構わない。構わないがこの時間で出来ることが他にあるだろう? 「一人だよ。だからちゃん付けは止めろって」 「寂しいねぇ。あの子はどうした? えーと……ミナミ……」 「西園」 「そーそー。西園ちゃん」  俺はカウンターの端の席に座る。佐々木は氷水のコップを差し出しながら、目の前に立った。 「真面目に仕事はしてるよ」 「仕事は、って」  内線を鳴らせばやって来る。仕事を頼めば納期通りにきっちりと仕上げてくる。 「話す機会がなくて」 (こんなの言い訳だ)
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!