3/3
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
 ニコマーから足が遠のいてから、あそこでお姉さんの笑顔を見れなくなってから、どれくらい経っただろうか。  大人になった今。あの頃を振り返っても、幸せだったと思う。  今はちょっと辛くて、悲しくて、泣きそうだけど。それでもあの頃の日々を想えば、大丈夫。  だから、どうかお姉さん……。 「お願いします。もう少しお小遣いを上げてもらえませんか?」 「ダメよ、ゆうくん。あなたって昔から、無駄遣いばっかりなんだからぁ」 「だから、それはね? 貴女に会いたかったから、毎日買い物に行ってたんだって、俺が高校に入る前から言ってるよね?」 「それは知ってるわよ? だって、中学生にプロポーズされるだなんて思ってもみなかったもの、忘れられないわよ。  でも、もう家に帰れば私に会えるんだから、早く帰ってきてくれればいいじゃない?」 「そうですけどね。全くその通りなんですけど、男には付き合いで飲みに行かなきゃならない日もあるですよ。それなのに、一月のお小遣いが千円てのは、少な過ぎやしませんか?」 「ごめんね。でも、来月には貴方もパパになるんだから。できるだけ、この子の為に積み立てておいて上げたいのよ」 「……うん。そうだね、わかったよ」  あの頃を思い出して、少ないお小遣いでやりくりするよ、お姉さん。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!