【春】1.月光の使者たち

1/8
1362人が本棚に入れています
本棚に追加
/270ページ

【春】1.月光の使者たち

 蝶が花を犯すのか、花が蝶を犯すのか。  花は芳しい香りで蝶を誘い、蝶もその身の美しさで花を魅了する。  蜜も罪もぐちゃぐちゃに混ざり合い、蕩けた思考ではどちらが悪いのかなんてわからない。  抗わずに従えばいいのだ。求められたのならば、応じるだけ。  そこにどんな感情があるのだろう。何度も味わったというのに、名前だけがどうしてもわからない。  それでも、愚かな蝶はわかっている。  こんな身が、愛されることはない。この蜜に、愛なんてないのだ。
/270ページ

最初のコメントを投稿しよう!