ユーリス・フェン・フィアンサーユ

1/6
2251人が本棚に入れています
本棚に追加
/324

ユーリス・フェン・フィアンサーユ

 俺が連れてこられたのは、そこそこ綺麗なロッジだった。  ちゃんと床にも木材が使われている。  ベッドがいくつかと、暖炉に薪。キッチンなんかもついている。 「珍しい、今日は誰もいないのか。まぁ、だが好都合だな」  そう言った男は俺を抱え上げたまま、奥にある扉を開ける。  そこは脱衣所だろう。棚に籠が入っていて、衣服を入れるような感じだ。  男はそのままズンズンと奥の扉を開ける。そこは木製の広々浴槽のある温泉だった。  俺はそこに丁寧に下ろされた。湯が温かい。なんだかとっても安心する。 「ここは薬泉が出るんだ。軽い怪我や疲労回復、それに解毒の効果がある」 「解毒?」 「君が飲まされたのは、タネヤドシという食肉植物の樹液だ。あれは酷い催淫作用がある。ここの温泉はそうした毒を解毒してくれる」  説明を聞いて、俺はとってもほっとした。徐々に体が楽になるような気がしたからだ。 「ほら、これも飲め」  差し出されたコップからはほんの少し湯気が出ている。飲んでみるけれど、白湯っぽい。 「ここの湯を水で割ったものだ。その様子だと口の中にも出されたんだろ? 飲めば体内に入った毒を早く解毒できる」 「有り難うございます」     
/324

最初のコメントを投稿しよう!