胃袋を掴むのはどこの世界でも必須項目なのか

1/15
2109人が本棚に入れています
本棚に追加
/324

胃袋を掴むのはどこの世界でも必須項目なのか

 翌朝、俺達は遅めに出立した。主に俺が起きられなかった。  一晩経つとあれこれ痛んだし、何より起き上がれなかった。  ユーリスさんが『ヒール』の魔法をかけてくれて、ようやくだった。 「肉体的なダメージが大きかったんだな。すまない、昨夜の時点で気づいてやれなくて」 「あぁ、いえ。俺も自覚できなかったので、ユーリスさんのせいじゃないです」  ユーリスさんにかなり手伝ってもらいながら、俺は森を抜けている。  時々どこかで吠える声が聞こえてビクッとなるけれど、隣のユーリスさんが笑って「かなり遠いよ」と言ってくれるので安心だ。 「そういえば、俺が昨日捕まったあの植物って、結局俺に何をしたかったんですか?」  ふと疑問になって聞いてみる。  するとユーリスさんは大分困った顔をして、「聞きたいか?」なんて言ってくる。  うっ、聞いて後悔しそうですが、こうなれば気になって仕方がない。 「後学のために」 「そうか。あれはタネヤドシという食肉植物で、小型の動物やモンスターを餌にしている。普段ならマコトぐらいの大きさは獲物にしないんだが、今は奴らの繁殖の時期。この時期だけは人型を取る者が最も危険だ」 「何でですか?」     
/324

最初のコメントを投稿しよう!