錆びた音の鳴る

二度と帰ることはないと思っていた町は。11,994字。

10 82

20分 (11,538文字)
まあ重いです。書いてた本人が言うから間違いなし。

あらすじ

生まれを隠して生きてきたレイカ。 二度と帰ることはないと思っていた町は、レイカを大きく動かした。 この話はフィクションです。 登場人物は実在しません。 ***表現があります。

タグ

目次 4エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/9/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る