登場人物

1/2
465人が本棚に入れています
本棚に追加
/437ページ

登場人物

  穂積デレク香(ほづみでれくかおる) 34歳 S県警刑事部捜査一課管理官。警視。 父がアメリカ人、母が日本人のハーフ。両親は中学生の時に離婚している。 母の実家は裕福な名家。祖父をはじめ親族の多くが政財界の重要ポストに就いている。 警察庁から出向してきたキャリア警官だが、警察庁内では父が外国人ということで 冷遇され、捜査一課内では現場も知らないキャリアと嫌われている。 日本でモデルをしていた白人の父によく似て、かなりの美形。薄い茶色の目と髪が特徴的。 華やかな見た目に反し性格はキツく、プライドの高い捜査一課刑事たちにも嫌みをガンガン言う。 仕事はデキるが、美しすぎる容姿と厳しい性格のため、捜査一課内で浮いている。 井上がいつも、捜査一課に馴染めない香をフォローしてくれて、香は大分前から井上に好感を抱いていた。   井上稜(いのうえりょう) 35歳 S県警刑事部捜査一課三係。巡査部長。 三係のエース、と呼ばれる切れ者の刑事。しかし性格は一見穏やかで、優しい。 その実、出世願望も持ち合わせ、凶悪犯を逮捕することに強いやりがいを感じる熱い男。 クッキリ二重と厚い唇をした、濃いめのイケメン。 数カ月前に離婚したバツイチで、妻に引き取られたが、息子と娘の二児の父。 離婚前から女性警官に合コンを頼んだり、同僚を風俗遊びに誘ったりしていたが、本当は一度も妻を裏切ったことなどない愛妻家だった。 しかし、学生時代からの付き合いだった妻とはすれ違いが続き、ついに妻から離婚を切り出された。 離婚する少し前に、酔った勢いで香とキスをしてしまう。既婚者だったのに香を口説こうとしたが、妻が子連れで家を出て行き、一度は家庭を選んで香を諦めた。   青木優馬(あおきゆうま) 27歳 S県警南王署刑事課強行犯係。巡査。 管内で起きた男子高校生殺人遺体遺棄事件で、香や井上たちと出会う。 新人の刑事で、捜査一課を目指しており、今回の事件でも人一倍張り切っている。 今時の若者風な爽やかな見た目ながら、ガッツがあってメンタルも強い。 最初はキャリアの香をバカにする節もあったが、一緒に捜査していくうち香が気になるように?
/437ページ

最初のコメントを投稿しよう!