一 谷中雅の新しい恋人

1/28
148人が本棚に入れています
本棚に追加
/192ページ

一 谷中雅の新しい恋人

「ごめん雅・・・今晩、兄がくるんだ。映画、楽しみにしてたけど、本当に、ごめん・・・。」 朝、六時半、電話の相手は最近付き合いはじめたばかりの隼人だった。 雅はベッドからゆっくり起き上がると冷蔵庫から、水のペットボトルを取り出して南に面した窓を開けた。 部屋の中にたまった生ぬるい空気が、朝の澄んだ空気に洗われるように風が吹き込んだ。 「いいよ。仕方ない。また、今度行こうよ。」 「ごめん・・・」 「いいって、お兄さんと会うの、久しぶりでしょ。ゆっくり楽しんでおいでよ。」 雅はとても気遣って話したつもりだったけど、電話の向こうでは隼人がすすり泣いているようだった。 「隼人・・・どうした、泣いてるの?」 「雅・・・今から行っちゃダメ?」 「いいよ。おいで。」 隼人は5分もかからずに雅のマンションのチャイムを鳴らした。 「早いな。」 「マンションの前にいた」 「どうして」 「会いたかった。どうしても。」 「そう。」 隼人は雅の胸に顔を埋め強く抱きしめた。 雅もまだ靴を履いたままの隼人を一度抱きしめたあと、軽々と抱き上げ寝室へ運んだ。 「どうして泣いている。」 「映画に行きたかった・・・」 「また行けるよ。」 雅は隼人の髪を優しく撫でると唇を重ねた。はじめは優しく、何度も泣いている隼人の顔を見ながら、そして強く呼吸が止まるほどに・・・ 隼人もいっそ、このベッドの上で呼吸が止まってしまえばいいのにと・・・ 神様、この命を、今この場で奪ってくださいと・・・何度も、何度も願った。
/192ページ

最初のコメントを投稿しよう!