つがいの薔薇

庭師の澪はオメガとして、次期伯爵家当主となるアルファの晃久に子を孕まされて――

1,862 2,407

BL 完結 過激表現
3時間22分 (121,002文字)

あらすじ

「また中で出すぞ。奥まで濡らしてやる」 大須賀伯爵家の庭師である澪は、秘かに御曹司の晃久に憧れを抱いている。幼なじみの晃久に子どもの頃、花嫁になれと告げられたことが胸の奥に刻まれているからだ。ある日、

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

良かったね(^^)という結末でした 澪のぶっ飛んだ考え方は理解しにくかったし、こんなに騙されるってあるの?って感じたけど むしろ、そのくらい純粋に何も知らないまま生きた方が幸せなのかもしれないなと思い
澪の立場が不安定だったけど最終的に絶妙な位置にはまり最後まで面白い作品です。言葉の暴力はあったとしても肉体的な暴力は少なめなのでオメガ好んで読まれる人にはお勧めします。
うーん・・・作品は楽しかったんですけど説明文で内容が分かってしまってるので、もったいないです。 楽しく読めた分ワクワク感が物足りないです。( ̄▽ ̄;)

その他情報

公開日 2017/9/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る