キラキラ女子トーク?

1/11
163人が本棚に入れています
本棚に追加
/353

キラキラ女子トーク?

 披露の儀式も終わった翌日、私は完全に気が抜けてしまった。 「春華様、そろそろ起きませんと…」  遠慮がちな李燕に起こされて寝ぼけたまま時計を見て、私は飛び上がった。  三十分の寝過ごしだ。 「うっそ!」  これでは朝食の時間に間に合わない。  別に何時でもいいし、ここで食べたっていい。  けれどこの時間に葵離宮で食べないと、下手すると一日会わない人もいるんだ。  それはやっぱり少し気が引けるというか、申し訳ないというか。  飛び起きて顔を洗い、手早く着替えてしまう。最近着替えも早くなった。  でも、髪まで悠長に結ってもらう時間は惜しい。  私は櫛を通して髪を一括りにし、そのまま李燕が止めるのも聞かずに花離宮を飛び出していった。
/353

最初のコメントを投稿しよう!