【紅泉伝】紅泉視点ストーリー

36/36
165人が本棚に入れています
本棚に追加
/353
 なぜ、手放さなければならないんだ。なぜ、共に生きられないんだ。なぜ、この意識は消えようとしているんだ。  心が軋む。このままでは死にきれない。溢れだしたものを止められない。何にしがみついてでもいい、生きたい。  だがその願いは、無情にも消えた意識の中に落ちていった。
/353

最初のコメントを投稿しよう!