12話 レズ

7/7
1039人が本棚に入れています
本棚に追加
/129ページ
「ね、お願い。たまに私にさせて」 「わ、わかった。わかったから、……抜いて!」 めちゃくちゃ可愛い陸に満足して抜いた。 陸、はあはあだった。 「……さあて、俺の番。なんでも言うこと聞くっていったよな?」 「あ、あはははは……」 「さて、俺もお尻との2つ穴攻撃させてもらうかな!」 「お、お尻、お尻やだ!お尻やだー!!!」 結局、私もお尻におもちゃ。 前に陸。 「ぐええ……」 「はあっ…痛くしないようにやってるぞ?」 「前より、痛くない……ね、陸、本当にお尻初めてだった?」 「………1度だけ、撮影でされたけど、あの時は違和感だけで気持ち良くはなかったな」 「…気持ちよさそうだったよ?」 「……うるさいな!!」 「んああ!!や、や、激しいの、や、んああ!イク!イクう!!」 「んああ!!締めすぎ、…もたな、い……んうう!イク!イクっ!!」 「……でもね、遼子さんとしたけど嬉しい事言われた」 「なんて?」 「『陸と結婚してね』って」 「それ、遼子が紗季としたいからだー!!」 またまた陸の攻撃。 「はあっ…でも、ね、んうう…私、陸の親戚に認められたみたいで……嬉し、かったんだよ……はあっ、ああ…」 「はあ、…紗季の進路志望は?」 「いつか、ん、……陸が言ってくれんの、あ、あ、待つ…んうう!!」 「んう、…そうしろ。…はあ、はあっ、紗季は一生、俺のだから……」 「ん。陸、大好き…あ、ああっ!イク!イっちゃう!!」 「紗季、大好き…いっぱいイカせてやるからな…んんっ!イク!!」 今はまだ高校生だからあやふやかもしれないけど、陸との2人暮らしが、いつか3人、4人とかになりたいな。 私の進路志望はそれなんだよ。 わかってるよね? 陸、大好き。
/129ページ

最初のコメントを投稿しよう!