第一章 猫又
1/5
/203

第一章 猫又

 風を切る  空を疾る  この雨を抜けて  貴方に会えたら  何を話そうか  きっと貴方は昔の事は覚えていないけれど  私はもう一度  貴方と巡り合うのだ
/203

最初のコメントを投稿しよう!