頭のおかしい事と有能さはまた別の話

1/21
841人が本棚に入れています
本棚に追加
/147

頭のおかしい事と有能さはまた別の話

 翌日、ひどく体が重く気持ちが悪いまま目が覚めた。  原因は分かっている、昨日の事件だ。似合わない魔法に力を使いすぎた事。そして、他人の…しかも竜人の血を取り込んで悪酔いしたんだ。 「っ…」  上半身を起こすと僅かに頭が痛みフラリとする。鈍い頭を手で押さえ、サイドボードの水差しの水を飲み込めば少しはましになった。  起き上がり、普段よりも熱めのシャワーを浴びれば意識も気持ちもしっかりとしてくる。綺麗に拭き上げ、髪と尾の水を魔法で乾かせばそれでお終いだ。  ゾルアーズ軍の制服は黒。黒のストレートなズボンに白いシャツ、それに国章の入った赤いネクタイを締め、尻が隠れるくらいの長さの上着を羽織る。一般の兵はここまできっちりとはしていないのだが、一応は上官としての形もある。堅苦しくて肩が凝るが。  部屋を出て、食堂へ。いつもより賑やかなそこは軽く戦場のようだ。 「あ! 隊長おはようございます!」 「あぁ」  元気が取り柄の部下達が軽い感じで挨拶をしてくる。それに俺も応じた。     
/147

最初のコメントを投稿しよう!