【微エロ】焔の花紋に触れる唇

1/13
835人が本棚に入れています
本棚に追加
/147

【微エロ】焔の花紋に触れる唇

 砦は火が消えたように静かだ。  圧倒的に人の少ない砦の中は、日中の慌ただしさが嘘のようだ。  それを感じながら、俺は私室に引っ込んだ。あまり人前に出ていると感情が出てしまいそうで避けた。  いつ動く。深い呼吸を意識的に繰り返している。こんなに落ち着かない気持ちになったのは、初めてだ。  その時、耳に僅かに音が聞こえる。遠い。ここから三キロはある。 「隊長!」  ハルバードの声に俺は立ち上がり扉を開けた。焦った顔の奴は、オロオロと俺を見た。 「どうした」 「敵襲が! 既に人を向かわせています!」 「分かった、先に行ってくれ。動ける人数であたり、逃がさないように囲んでくれ。村人の保護と怪我人の救護も忘れるな。お前に指揮を任せる」 「隊長は」  言いかけたハルバードの肩を俺は一つ叩いた。  察しろ。これだけで、この男の動揺は消えて何かを殺し、確かな表情で頷く。  本当に、優秀過ぎる…俺には過ぎた部下だ。  ハルバードは直ぐに動き出し、バタバタと砦から人がいなくなった。100人くらいは余裕で生活できる砦の中に残っているのは、おそらく10人強くらいだろう。     
/147

最初のコメントを投稿しよう!