11

10/10
578人が本棚に入れています
本棚に追加
/212ページ
 銀河は項垂(うなだ)れた。 「けれど俺は、秋鹿の願いを叶えたい。俺はそう云うものなんだ」  でも、と、(おもて)を上げる。 「秋鹿が本当に俺に望むことだけ、叶えるようにする。何でもかんでもじゃなくて、秋鹿が心底、望むことだけ。それなら良いだろう、秋鹿」 「ありがとう、銀河」  秋鹿は銀河を抱きしめた。 「秋鹿、俺、どうして自分が秋鹿を好きなのか、判った」 「どうして?」 「秋鹿が俺を、見てくれたからだ」  それは秋鹿が、柊に云った言葉だった。秋鹿は笑った。自分の笑顔が、銀河の蒼い(ひとみ)に、映った。
/212ページ

最初のコメントを投稿しよう!