平安桜

平安を舞台にした和風ファンタジー?

沢市さとみ

1時間22分 (48,749文字)

27 231

あらすじ

時は平安時代。桜をこよなく愛する青年霊媒師・浜坂四納。同僚の葉奥とと共に平和に暮らしていた彼の前に、父を失った妖狐・狐黄が迷い込んできた。狐黄の父を殺したのは大妖怪魔遊玉。 古より続く神と魔遊玉の因縁

シリーズタグ

感想・レビュー 4

嘘でしょ

これが、中3の時にできてただとう!?嘘でしょ、と思わずにはいられないほど、時代背景、知識ともにしっかりした「平安」の空気を感じられる物語。 しかし侮るなかれ、作者の抜け目ない「笑わせる」シーンもたんと
1件2件

※このコメントはネタバレを含みます

2件

※このコメントはネタバレを含みます

1件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る