第7話 夢と現実の境界線

現実から夢の中へと逃避を繰り返す只野。だんだんと現実の絆を断ちきっていく。

1 85

18分 (10,776文字)
只野にとっての現実はどっちだ?

あらすじ

現実を拒み、夢に安息を求める只野。 しかしその代償は大きかった。 かつて思い描いていた理想は塵に埋もれ、残ったモノはガラクタの山だった。 只野は現実から目を背け夢の中へと安息を求めるようになる。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/12/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る