Squall

それは、にわか雨のような感情だった──。高校生×高校生の短編です。

遊木千周@IN率低下

BL 完結
7分 (3,614文字)
まったく違う作品なのですが、どこか「みずぎわ」と通じる世界観の短編です。お気軽にどうぞ。

63 4,525

あらすじ

夏休みが終わるころ、転校することになった──。 中学から五年来の親友である悠夏(はるか)は、笑いながら聆生(さとき)にそう言った。 そうして、出発を明日に控えたふたりが最後にたどり着いたのは……。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

デジャブ

他の方も書かれていますが、視点誘導が素晴らしい。というか、「凄い」ものを感じます。 「蛍光灯の灯片が砂嵐」・・こんな表現をさらっと書いてしまうところなど、羨ましく思います。僕ももっと頑張らねば! と励
1件2件

遊木作品の傾向として

いつもは「みずぎわ」シリーズを愛読しています。 同シリーズが長期化前の準備期間に入っているので、その合間に今作を拝見しました。 遊木作品を読んで思うのは……他のクリエの方もそうなのですが……キャラの
1件2件
あおはる(*´・ω・`)bですね~ 「たとえ今、一瞬のものだとしても──。」うー!いいですね~ 仏の教えにも一瞬の中に永遠があると説かれます。二人のこの時間は、 きっと心の中で永久に色褪せない青春の景
1件1件
もっと見る