女神の媚笑

最後に笑うのは、わたし。

八歌

6分 (3,146文字)

27 14

あらすじ

資産家、高城家の妾の子である咲子は回りから酷いいじめを受けてきた。 ある日、高城家の顧問弁護士である伊月結也から高城家を手に入れようと話を持ちかけられた咲子は──。

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません