夏夜ニカゲロフ

儚い奇跡は幻と同じ。ただ、一歩の背を押す夏風になれ

栗花落

17分 (9,873文字)

16 76

あらすじ

高三の、夏。 ちびっ子にはバカにされた。 勉強はちっともやる気にならない。 理由なんて知らないし。 進めない颯太に、過去の「夢」が見えた夜。 エブリスタマーケット参加希望作品

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

そうか、決意とか覚悟を描くのがうまいんですね……! 台詞回しもいい感じ.:*・゜ 真夏の夜に冬服で現れた、というあたりの描写もよい。自分はもう生者側ではないのだと主張するかのような隔絶感がいいですね
ネタバレあり
1件
主人公じたい気づいていない心のキズ。 不思議な女の子は全て見透していたのでしょうか( ̄▽ ̄)b てか、何者!Σ( ̄□ ̄;) 主人公の決断が、いつか実を結ぶことを願うばかりです。 和やかなムードで進む
2件

この作者の作品

もっと見る