第9話 薄れゆく境界線

只野の中で何かが変わりつつあった。 夢と現実の境界線が薄れていったのだ。

1 90

16分 (9,417文字)
現実を拒絶し始めた只野。その先に待つモノは……。

あらすじ

只野は布団から出られない生活を送っていた。 外出は最低限、学校行事と通院のみ。 鳴らない電話に怯えながら、ついには幻聴さえ聞こえ始める。 只野のは『消えたい。』と呪文のように繰り返す。 そんな

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/1/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る