2/3
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
「これは面白いもんなん?」 「うん。好きやねん」 彼女は照れながらも、珍しくはっきりした口調で言った。 好き…ねぇ。 まぁ何を好きになるかは自由だけど、この札のどこに心ときめく要因があるのか見当がつかない。 「この札で何を覚えるわけ?歌を全部?」 「それはもちろんやけど、あとは…」 彼女は口で説明しきれないと思ったのか、実演してくれた。札をめくりながら、「す、こぬ、ちぎりき、たち、いまこ…」と謎の言葉を並べていく。 「これが決まり字やから、札を見てすぐに決まり字が頭に出てくるように、覚えててん」 「…」 「ここに書かれている字を文字じゃなくて、図形として覚えた方が早よ取れるんやって。せやからこの札で覚えなあかんねん」 珍しく長広舌をふるう彼女に、俺は「へぇ…」とだけ言った。 いや、他に何とコメントしていいものか。彼女の口から出てきた言葉、半分以上意味が分からなかったぞ。 いや、ただ一つだけ分かったことがある。アイドルやドラマで盛り上がっている女子たちとは、そりゃ仲良くなれなくて当然かもしれない。 俺は苦笑交じりに嘆息した。 「なんや、さすが村上さんっていうか…俺には無理やなぁ」
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!