第11話 消えゆく意識

只野は“まほろば“に理想を求める。 何時しか現実を忘れて……。

3 72

15分 (8,528文字)
只野は“まほろば“を現実だと思いこもうとするが……。

あらすじ

只野は夢の中へと逃避を繰り返す。 現実を直視せず“まほろば“こそ現実だと思いこむようになる。 しかしその先にあるモノは只野の求めるものと同じとは限らない。 現実と夢との境目を行ったり来たりする只

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/3/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る