奇跡の襲来

5/40
174人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
そう思うとたしかに どれだけ身体を繋げても ちっとも足りない気がしてくる。 「はやく帰ってきてね……?」 「ああ……もう」 私の胸に顔をうずめ 疲れたように長い息を吐く彼。 「温人さん?」 「だめだって奈々緒。 連れて行きたくなっちゃうだろう」 「それは……」 いくらホテルのトップである GMの権限があっても さすがにいきなり 2週間の休みをとらせるのはムリがある。 私の立場ならなおのこと 反発が起きるのは必至だ。 なにせ私は GM上遠野温人の妻なのだ。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!