いずみ

15/19
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/404ページ
地味な彼は、お決まりの合図でシャッターを切る。 念のため2度シャッターを切り、智くんと呼ばれていた男性に確認を促す。 「ありがとうね」女性は優しい笑顔で笑いかける。 彼はあまり女性と話したことがないのだろうか、目が合っただけではにかんで、視線を逸らす。 「いえ、シャッターを押しただけですから」 智彦は、どこか納得がいかない部分があったのか、首をかしげていたが、最終的には彼女に肘をつつかれ、頭を少し下げた。
/404ページ

最初のコメントを投稿しよう!