ある酒場から・1

1/12
199人が本棚に入れています
本棚に追加
/1861ページ

ある酒場から・1

 下卑た笑い声と罵声の中で、瞬間、銃声とグラスが割れて飛び散る音が響く。直後、下品な観客からは歓声が、賭けに負けた人間からはため息が、反対に勝った人間からは賛辞が、それぞれまた一斉に湧き出た。ならず者どもが集まる街はずれの酒場。まだ明るいうちだというのに大の男どもが集まって、下らないゲームに熱狂していた。  近頃この辺りで流行している早撃ちゲームである。使用する道具は拳銃一丁、魔法の使用は禁止されている。参加者はまずグラス一杯の酒を飲む、飲み干すと同時に後ろ手にグラスを投げる。グラスが床に落ちる前に銃で撃てれば成功というわけだ。二回目以降はだんだんグラスが小さくなるのが慣例で、弾を外すまで酒とグラスと銃弾を無駄にして遊ぶ、下らない流行であった。  勝てば自分がはじめに賭けた金に応じた賞金が手に入るので、金に困った馬鹿者も安易に参加したりする。敗者はみじめだが、負けるのが悪いのだから誰も憐れむものはない。憐れむものはない、が、逆恨みする者はある。 「こんなことがあるか!イカサマだろう!詐欺だろう!」     
/1861ページ

最初のコメントを投稿しよう!