第十四章 相愛

11/11
392人が本棚に入れています
本棚に追加
/146ページ
「・・・うん。」 サキちゃんは茶化すこともせず、いつも賑やかなのに今日は静かに聞いてくれていた。 「・・・サキちゃんに報告できて良かったよ。」 嘘偽りなくそう思って、自然に笑えた。 「私こそ。話してくれてありがと。 何かあったら相談してよね? 私は、リンちゃんに遠慮なんかしないから。 だから結婚式にも呼ぶし、ご飯も変わらず誘うからね。 リンちゃんの親友のポジションは誰にも譲らないもん。」 そう言い残して去って行った。 仕事が終わって外に出ると、陽がまだ明るかった。 大分陽が長くなった。 もうすぐ夏がくる。 まずはミナトの誕生日を祝ってどこかに旅行しよう。 行き先は二人で決めなきゃな。 そんでお盆には母さんの墓参りに。 今年はミナトも誘ってみよう。 シノやサクにも連絡してみんなで集まりたい。 ちゃんと報告とお礼を伝えなきゃ。 あの頃、 母が死んで、自分は一人ぼっちだと思ってた。 性癖を自覚して、味方は誰も居ないと感じた。 だけど、俺がちゃんと見てなかっただけで、味方になってくれて支えてくれる人は沢山居て。 もしかしたら、まだ出会ってない誰かも、そういう人がいるかもしれない。 少しモノを見る眼を変えるだけで、毎日がこんなにもわくわくする。 ミナトと一緒なら、きっと大丈夫。 だから繋いだ手を離さないように、 それを証明していく。 いつか二人であんな事もあったねって、笑えるように・・・。 End
/146ページ

最初のコメントを投稿しよう!