ボタンの行方

39/40
275人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
ちっとも眠気は訪れず ただじっとベッドでひとり 暗闇を見つめていると 玄関の方から物音がして やがて部屋のドアがノックされた。 「……奈々緒。入るよ」 遠慮がちな声のあと ドアが開かれ 廊下の明かりが差し込むと同時に 私はきつく目をつむった。 ギシリとベッドが揺れて 背中側が少し沈む。 すぐそばに 温人さんが腰かけたのがわかった。 「奈々緒? 眠ってるのか……」 安心したように呟いて 温人さんは 私の頭をひとなですると 入ってきた時と同じように 静かに部屋を出ていった。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!